抱っこひもリュック・カバー販売店 pomochi®(ぽもち)

抱っこひも用リュック・カバー販売店pomochi®(ぽもち)を運営しています。 現在3歳の男の子育児にも奮闘中。

Facebookではちらっとお知らせしていたのですが、抱っこひもリュック販売店pomochiはこの度
ブログをお引越しします。

 http://pomochi.hatenablog.jp/

上記が新ブログアドレスになります。
恐れ入りますが、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。
これまで書いていたブログ記事も全て移行していますので、旧記事が読みたくなった方もご安心ください(特にヒューマンパッカパーの記事がおススメです)

今後もpomochiをどうぞよろしくお願い致します。

抱っこひもリュック販売店pomochi HP
http://www.pomochi.com/

pomochi Facebookページ
https://www.facebook.com/pomochi5

pomochi Instagramページ
https://www.instagram.com/pomochi/
 

2016年5月26日更新

■手ぶらでお出かけできる!?便利なpomochiリュック(抱っこひもリュック)って何?




現代ママの必須アイエムであるエルゴやコランなどの抱っこひもで、赤ちゃんとお出かけする時。
抱っこしながら、肩掛けバッグからお財布や荷物が取り出しにくいと思ったこと、ありませんか?


買い物をした後、空いてる片方の手で買い物袋を持って、両手がふさがってしまったことありませんか?
上にお子様がいらっしゃる方は、手を繋ぎたいのに荷物が多いため、繋げなかったことはありませんか?



「赤ちゃんと、手ぶらで楽におでかけ」をコンセプトに開発された
「pomochiリュック(抱っこひもリュック)」が、そんなママ達のお悩みを一気に解決します!

pomochiリュックは一見普通のリュックに見えますが、抱っこひもに装着することに特化した、今までにない新しいスタイルのマザーズバッグです。


抱っこひもの前に取り付けるだけで、いつもの抱っこひもが+マザーズバッグに大変身!

写真のように、お財布が前からとってもスムーズに取り出せます。


サイドファスナーも標準仕様のため、底にある荷物も楽に取り出せます。
日本製YKKファスナーの中でも、スムーズに開閉できるものを厳選。
ファスナーを引き上げる時「くっ」と引っかかりのないものにこだわり抜きました。
さらに、オーダーメイドでは利き手に合わせて、右利き、左利き、両方取り付けが選べます。


外ポケットはスマホがすっぽり入る、絶妙なサイズ。
抱っこしたままでも出し入れがスムーズになる位置を計算し尽くしました。
飛び出し防止のため、隠しスナップもついています。


両手がフリーになると、赤ちゃんと手を繋ぐこともできちゃいます。
上にお子様がいらっしゃる方は、安全に手を繋げます。
雨の日や陽射しの強い日でも、楽々傘がさせます。

最初は製作者である店長の高橋が抱っこひもで初めて息子と遠出した時に、両手の塞がりっぷりに絶望し、自分のためだけに作り始めた抱っこひもリュックですが、同じ悩みを持つ方が多いことに気が付き、2013年11月にpomochiのネットショップをオープンし、販売を開始しました。

両手がフリーになれば、ママのストレスが減る。
子どもとのコミュニケーションも増える。
何より、ママと子どもに笑顔が増える。

pomochiリュックが育児中の困っているママ・パパ達の助けに少しでもなれたらいいなと思いながら、兵庫県神戸元町で日々製作しています。
 
■pomochiリュック(抱っこひも用リュック)は5wayで使えるんです!

1way 抱っこひもリュックとして、手ぶらでお出かけ♪

 
2way 金具を連結すると簡易手提げや肩掛けバッグにできます。


3way 取り外し式ショルダー紐(別売)をつけると、ショルダーバッグになります。


4way 取り外し式ショルダー紐(別売)を付けると、背負えるリュックになります。

さらに!ショルダー紐の長さを調節すれば、お子様のベビーリュックにもできます。

ひもを長くすれば、男性も背負えますし、ふくよかな大柄女性(店長)も背負えました!

5way ベビーカーのハンドル部分に固定し、ベビーカーバッグとしてもお使い頂けます。

私自身、息子が3歳になり抱っこひもは随分前に卒業しましたが、ショルダーバッグとして現役で活躍中です。「抱っこひもを卒業しても、長く使いたい」というお客様からのご意見をもとに、pomochiリュックは最大5wayになりました。
 

■どれくらい荷物が入るの?

pomochiリュック(抱っこひもリュック)に入れられるものの目安・実物

・お財布
・ハンカチ2~3枚
・スマホ
・おむつポーチ(Lサイズおむつ3枚、おしりふき)
・布おもちゃ1個
・ベビーのぼうし
・お着替え1組
・エコバッグ1枚
・マグマグ
・500mlペットボトル
・日傘(夏)
※お買い物をされる場合、エコバッグは絶対に入れておいた方がいいです。

上記に挙げた以上に入りますが、欲張って入れすぎるとだっこ自体が本当に辛くなります(私は頭痛がしました)。
重い物はエコバッグにどうぞ。
 

■装着の仕方は?

 

荷物の重みや赤ちゃんの体動(ふんふんと動く)で、抱っこひもに取り付けている部分が外れてしまわないよう、pomochiリュックは金具で留めて装着します。金具は日本製の引き具がついているタイプなので、開閉も楽です。
 
■お手入れ・洗濯方法は?

家庭用洗濯機での丸洗いが可能です。
pomochiで取り扱う生地は帆布も含め全て、型崩れ・色落ち防止のため一度水通しをしています。
また、洗濯機での洗濯にも耐えられるよう、頑丈な縫製を心がけています。
詳細は お手入れ・洗濯方法 のページをご覧ください。
 
■pomochiのこだわり

詳細は pomochiのこだわり ページをご覧ください。
 

■抱っこひもリュックご使用時の注意点

・抱っこひもリュックに入れる物の総量は、1~1.2kg程度に留めて下さい。
また、抱っこひもリュックの総量とお子様の体重を合わせた重さが、ご使用の抱っこひもの耐荷重を絶対に超えないようにして下さい。
・リュックには、「鋭利なもの」「角がとがっているもの」「極端に熱いもの・冷たいもの」「その他お子様に触れると危険と思われるもの」は絶対に入れないで下さい。
お子様に直接触れるわけではないですが、安全のためにも、上記のものは絶対に入れないで下さい。
・リュックご使用時、お財布は軽いものを使ったり、使わないカード類を出しておくと、軽量化につながるのでおすすめです。
 
Link
pomochiリュック(抱っこひもリュック)のオーダーメイド方法詳細

内ポケット付き pomochiリュック ご注文ページ

内ポケット無し pomochiリュック ご注文ページ

↑このページのトップヘ